カブトムシが我が家にやって来た

お友達にもらったカブトムシ、オスとメスをこの夏飼育する事になったのですが、幼児の息子が毎日お世話してくれています。
最初は、珍しいのと、お世話したいのとで、しょちゅう虫かごからカブトムシを出しては触って仕方が無かったのですが、それも最近落ち着き、お世話はきちんとしてくれるようになりました。
毎日いろんな発見を息子を通して聞かせてくれます。
今日は、何と、小さい卵みたいなのがある!と、やはり息子が発見して、教えてくれました。
良く見てみると、本当に小さな白い卵が土の中から確認されています。

カブトムシを飼う醍醐味を味わえてそれを見れただけで満足してしまいました。
カブトムシは飼った事が無かったですが、子供のおかげで親も一緒に知らなかった事を知る喜びを体験出来るので、虫を飼うのも悪いものではないな、と思いました。

この卵の成長していく姿を息子と一緒に見守っていけるのも又、楽しみですし、幼虫が成虫になって行く姿を身近で観察出来るのもなかなか興味深いです。