そうめんに合うかき揚げを発見しました

私はそば好きで、特に「天ざる」が大好物。老舗そば屋の海老天の天ざるがおいしいのは当たりまえですが、財布の都合もあり、おもに町のそば屋さんや立ち食いそばで「カジュアルな天ざる」をおいしく食べています。

また、私はかき揚げも大好き。具材は小エビやホタテはもちろん、たまねぎ、にんじん、ごぼうなどの野菜かき揚げでも大満足できます。
要するに天ぷらの衣が少し混じっためんつゆでそばを食べるのが好きなのですが、かといって天かすだけつゆに入れたのでは、やはりちょっともの足りない。天ぷらのサクッとした食感と具材の味も楽しみたいというわけです。

ところで、そばは一年中食べますが、夏はそこに「そうめん」も加わります。天ざる好きな私はそうめんのときもかき揚げを食べたいと思うのですが、そばと違ってそうめんは、基本的にかき揚げと合いません。
天ぷらの油の主張が強すぎて、そうめんの清涼感が奪われてしまうように感じるのです。いろいろ試してみましたが、どれも「うーん」という結果でした。

ところがついこの間、料理の本を見ていたら「新ショウガのかき揚げ」というレシピを紹介していました。
それを見た瞬間、私は「これだ」と思いました。新ショウガのあのさっぱりした味と食感は、そうめんに合うにちがいありません。
さっそく試してみたところ、想像通り、というより想像以上の相性のよさ。考えてみるとそうめんの時は薬味にショウガを使いますから、もともと相性がいいわけで、そうなると衣の油もむしろ有効な脇役になってくれるのです。

「天ざる」ならぬ「天そうめん」。この夏の楽しみができました。